スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
名古屋巡り 其の弐
2006-05-31 Wed 23:21
先週末、またまた名古屋へと遊びに行きました

雪駄でぺたぺたと

今回の大まかな目標は

カフェ巡り



名古屋っぽいところを巡る

という二本立てです

名古屋の地下鉄は200円とでら高いので一日乗車券を600円で購入
まずはデザインカプチーノを提供してくれるという
カフェボンタイン(リンク先の一番下の店)へ直行

一杯250円とお手ごろ価格のカプチーノです
SN320311.jpg

店内はかなり広々としていてゆったりできました


お次はテレビ塔
これはただのテレビ塔でした

ちょっと離れたところに名古屋城もあるので地下鉄で名城公園という駅で下車してみました

地上に上るとそこには名古屋城が!!
という期待をしていたけど目の前にはただの公園が・・・

てくてく歩いていくと遠くの方に名古屋城が!!
siro313.jpg

でもここらで雪駄のせいで足の裏がとてつもなく痛かったので引き上げることに
しゃちほこが目視できたので満足ということでね

そのあと大須というショップがずらりとならぶところをふらふらしたり、
ちょっとおしゃれなカフェに入ったりして名古屋を堪能しました

フィードバックは
・ポイントからポイントまでが離れてて、徒歩はきつい
・名古屋っぽいものを食べるのを忘れた
・雪駄は痛いので運動靴が必要


この日はホテルに帰って、近くのジムで汗を流して深い眠りにつきましたとさ
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:5 | トラックバック:0 |
weiß wein
2006-05-26 Fri 20:40
出張先に着ての初めての週末を迎えます

とりあえず記念にこのあたりで唯一無二のスーパーへとお買い物に行きました
目にとまったのはドイツフェアコーナーの白ワイン

かれこれ一年前にドイツのニュルンベルグで呑んだ白ワインのあの美味しさ、この酒に弱い私がデキャンタ一本を飲み干し、とどめの黒ビールで逝きかけた思い出が蘇りました。


ビンに書かれた名前は

"Zeller Schwarze Katz"

割と知っている人は知っているみたいですね

飲み口もさっぱりしていて甘くて呑みやすいワインでした

0526wine.jpg


明日は名古屋にでもいってカフェでも探してきます
別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
SHINAGAWA → NAGOYA → TSU
2006-05-23 Tue 21:17
本日、出張先に旅立ちました

やたらと重いキャリーバッグを引きずりながら品川駅を目指します

名古屋行きのチケットを手に入れる
会社の経費なので指定席


 SINAGAWA  ⇒  NAGOYA

13:00
名古屋は激しい雨
初の土地、名古屋。雨の中をしぶしぶ探索
nomiho.jpg

「飲み放題ジュースで一服」


hitsumabusi.jpg

初めて食べるひつまぶし
 最初は山椒をかけて、
 次は薬味を乗せて
 最後にダシをかけて食べるという、一食で3度おいしいお得なヤツ

  NAGOYA  ⇒  TSU

16:00

今回の出張先の駅に到着
のどかな街
タクシーでホテルに向かう

近くに珈琲館という大き目の建物が・・

とにかく新しい生活の始まりです









別窓 | 日記 | コメント:5 | トラックバック:0 |
島流し
2006-05-18 Thu 00:44
5月の末から出張ということで三重県への島流しが決定となりました

みなさんさようなら。。。


コンビニとかあまりないです、私の借りるマンスリーの近くには。

でも三重にも名古屋にも美味しいコーヒー屋もあるようですし、
新たな発見も多々あることでしょう

一番痛手なのはこちら側(関東)にいる大切な人たちと離れてしまうこと
月一回の帰省については会社から資金が出るということなので、
そのときにできるだけフォローをしたいと思います



最初の2週間はマンスリーをとるのをミスったらしくホテル暮らしになるみたいです
毎日バリバリのシーツが楽しみです


もし三重の耳寄り情報があったら教えてくださいー
自転車があまっててただで引き取ってほしいとか大歓迎です
(ただし津市市内に限る)

snu.jpg

別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
友達
2006-05-03 Wed 00:28
14歳のころは友達といたずら心と映画「Stand By Me」があれば生きていけると思ってた


その頃、よく一緒にサッカーをしたり悪さをしていたS君(仮にここでは鈴木君とします)と数年ぶりに再開することになった。

何年ぶりに会うのかは正直忘れたけどとにかく久しぶり、
でも会ってみるとそんな時間差はなく、つい先週も会ったんじゃないか位の感覚

酒を飲み交わす。あの頃は考えもしなかった
いろいろ話したけどとくに良かったのはお互いが将来について、夢について語り合えたこと

そして偶然にも彼も珈琲好きということ


そして偶然にも自分が近々出張に行く(かもしれない)地方に住んでいたというこうと


まぁとにかくひとつ楽しみが増えた



別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| 34丁目の珈琲屋日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。