スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
京都の旅・世界にひとつだけの雪駄
2008-01-16 Wed 21:00
思いつきで始まった1泊4日、京都の旅でしたが非常に濃ゆいものでした。

何かに引っ張られるように向かった京都。

そこで感じたこと、考えたこと、経験したことを思い立ったらつづって行きたいと思います。

京都ではコスト的、効率的に考え、自転車の移動がベストだと思い、1500円でシティサイクルをレンタルして移動に使いました。
結果としてかなり効率的に京都の町を回ることができました。

んで、京都に行く前日でこれは手に入れたい!
と思ってインターネットでチェックしていたもの。
それは雪駄。

調べてみると四条通りの近くの錦市場に履物屋がありそこで自分の好きなように雪駄をオーダーできるとのこと。

nisiki.jpg

たしか15:00あたりに到着したのですがとてつもない賑わい。
漬物、魚、お茶などなどいろいろな商店が並び観光客たちをひきつけている。

あらかじめ調べていた大島はきもの店へと向かう。
店にいたのは京の職人といった感じの粋な感じのおっさん二人。
雪駄をほしいというと底の種類、鼻緒の種類をいろいろ見せてくれた。
setta0.jpg

んで、決めたのが竹の底と、それにあった色の鼻緒を合わせてつけてもらうことに。
およそ10分くらいで自分の足にぴったりと合う雪駄のできあがり!

最後にお店の中で一番高い雪駄を見せてもらった。
17000円位するもので、底はしっかりとしたもので、本物の畳(イグサではなく竹で作ったもの)
鼻緒の生地もランクの違うものを使っていた。
まさに一生物の雪駄だとか。。。
将来手に入れよう


お題を済ませて「おおきに!」という威勢のいい言葉を聞いて店を後にする。


その日の夜にホテルでその雪駄を思わず履いてみる。
setta1.jpg


裏は牛皮となっている。
setta2.jpg


早く雪駄が使える季節が来ないかと待ち遠しい。
それまでは室内履きということで。
スポンサーサイト
別窓 | 京都ノ旅 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<京都旅行・食べ物 | 34丁目の珈琲屋日記 | 京都より>>
この記事のコメント
雪駄はオールシーズン対応ですよ?
2008-01-16 Wed 23:37 | URL | イソザキ #-[ 内容変更]
粋に行きましょう!!
それをはいて、浅草あたりを闊歩しましょU!!!
でも、ほんとうにかっこいいな~!
2008-01-19 Sat 01:23 | URL | こばたい #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 34丁目の珈琲屋日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。