スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
エスプレッソはバールで
2005-03-24 Thu 01:38
イタリアといえばエスプレッソの本場です。
向こうではBar「バール」というところがこちらのカフェのようなものです。
どこのバールでも棚には数々の酒瓶がずらりと並べられており、
業務用エスプレッソマシンがおかれています。

そのようなバールが町のいたるところに存在します。
東京でコンビニを探す以上に簡単に見つかると思います。


店に入るとまず元気よく「Ciao!」とあいさつ。これをしないと
「なんて無愛想なやつなんだ」という感じで見られます。

まずカウンターかテーブルかを決めます。
テーブルに座るとカウンターの2倍近い値段がかかります。
エスプレッソは「カッフェ」といい、これをカウンターでさっと飲むのが主流です。
値段は60~90ユーロセント(100円前後)と安く、
一日に何回も立ち寄るイタリア人の気持ちもわかりますね。

飲み終わったら「Ciao!」と声をかけお会計を済ませます。(先に会計を済ませるところもあります)
エスプレッソの香りの余韻を楽しみながら歩くイタリアの町はさらにゴキゲンな気分です。DVC00012.jpg

スポンサーサイト
別窓 | イタリア旅行記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<初チョコラータ! | 34丁目の珈琲屋日記 | イタリア旅行記>>
この記事のコメント
はじめまして
わたしもコーヒーが大好きで、昨日は「フットバール」というお店で「ジェラートのエスプレッソがけ」を食べました。お酒を楽しむお店だったんですけど、エスプレッソときいて頼まずにはいられなくて♪
あこがれのイタリアのお話、楽しく拝見させて頂いてます。

2005-03-24 Thu 15:22 | URL | yucky #hrgdRYCY[ 内容変更]
yuckyさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
とろとろしたジェラートとあつあつのエスプレッソの相性は最高ですね!
実際、イタリアではたべそこねましたが私も大好きです。
また遊びにきてくださいね!
2005-03-28 Mon 12:00 | URL | 3C #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 34丁目の珈琲屋日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。