スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ラテアート強化月間フィードバック
2005-08-03 Wed 00:05
050726_1927~01.jpg

1ヶ月間ロゼッタを書き続けて得られた経験、上手くいったときの条件をまとめておきます

エスプレッソ
・クレマがしっかり出ていて、スチームミルクと同じくらいとろとろしたもの。
・水っぽいと絵のコントラストがぼやけてしまう

スチームミルク
・ミルクとミルクピッチャーはしっかり冷やしておく
・毎回同じ量のミルクを使うとわかりやすい
・出来上がりのフォームの量をしっかり把握する。
・スチーミング前半でチリチリとできるだけ細かく泡の元を作る。
・後半部分で泡の元を対流させながらミルク全体になじませていく

注ぎ方
・まずはイメージをする。どんな形にするか、うまくできるイメージ。
・最初はエスプレッソのクレマを破るように、
・そのあと勢いを抑えて手首を左右に1cmずつ位ゆらす
・後半部分も慌てず、模様を目で追っていく
・最後の真ん中に引く線は糸のように細く、まっすぐに

問題点・癖
・全体的に左カーブの葉っぱが多かった
→意識をすれば改善できた
・ミルクがなくなった!
→水で練習、何回も反復練習ができ、水の操り方を手で覚えられる
・先の部分がぐちゃぐちゃになる
→最後のほうもスピードをあげずに落ち着きながら描く


何より集中力とイメージ力という二つのスキルが必要不可欠だと感じました。
8月もこの二点にフォーカスを当ててみたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | ラテアート強化月間【ロゼッタ】 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<デザインカプチーノ強化月間 | 34丁目の珈琲屋日記 | ロゼッタ強化月間も今日で終了>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
ハート絵のカプチーノを淹れるにもいろいろな要素が絡んでくると思われる。エスプレッソの質、エスプレッソの抽出とミルクのスチームの順番、スチームするミルクの量、ミルクのスチーム具合、カップはどれにするのか、カップは持つのか置くのか、ミルクを注ぐ速度、ピッチャ. …
| 34丁目の珈琲屋日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。